外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京電力の広瀬直己社長は27日、福島第1原発の汚染水問題をめぐり安倍晋三首相が五輪招致演説で「状況はコントロールされている」と発言したことに関し「海への影響はしっかりコントロールできている」と述べ、見解に相違がないとの姿勢を強調した。衆院経済産業委員会の閉会中審査で答えた。この日は汚染水問題に「前面に立って対応する」とした政府側は出席しておらず今後の対策などに関する具体的な議論は深まらなかった。

共同通信