外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【モスクワ共同】ゴルバチョフ・ソ連元大統領が昨年12月の下院選不正疑惑に対応しないロシアの現政権を批判する論文を発表、「専制」を排除し政治改革を実現するための国民投票実施を提唱した。インタファクス通信が28日に伝えた。ゴルバチョフ氏はこれまでも、大統領復帰を目指すプーチン首相に再登板断念と退任を促し、下院選のやり直しを求めてきた。政界での影響力はほとんどないが、野党側を勢いづかせる可能性がある。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信