日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(64)が会社法違反(特別背任)などの罪で起訴された事件で、弁護人を務めていた元東京地検特捜部長の大鶴基成弁護士と元検事の押久保公人弁護士が13日、東京地裁に辞任届を提出した。大鶴弁護士が明らかにした。新たに弘中惇一郎弁護士と河津博史弁護士が選任された。著名事件で多くの無罪を勝ち取り「無罪請負人」の異名を持つ弘中氏は、取材に「ゴーン被告本人や家族と相談して決めた」と話した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。