外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ダッカ、ワシントン共同】欧米やロシアなどで発生した大規模サイバー攻撃で、インド西部ムンバイにある同国最大級のコンテナ港、ジャワハルラル・ネール港の一部施設が27日夜、操業を停止した。PTI通信などが伝えた。米国では、医薬品大手メルクが自社のコンピューターネットワークでの被害を公表、大手法律事務所や食品メーカーの被害も報じられ、攻撃の影響が拡大した。

共同通信