外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】韓国政府は10日、韓国の放送局などが3月20日に受けたサイバー攻撃は、北朝鮮の情報・工作機関、偵察総局が過去に行った攻撃の手法と一致するとして、北朝鮮の犯行と推定する中間捜査結果を発表した。同月26日まで続いた他の3件の攻撃も偵察総局の犯行の疑いが強いと判断した。被害企業のサーバーに送り付けられた不正プログラムなどの分析の結果、分かったとしている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信