外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【シンガポール共同】ヘーゲル米国防長官は1日、シンガポールでのアジア安全保障会議で基調演説し、サイバー攻撃の脅威が高まっているとした上で「一部は中国政府と中国軍に関係しているように見える」と明言。その上で、サイバー空間での国際規範確立に向けて中国と協議していく考えを表明した。さらに、中国が領有権主張を強めていることについて「現状を変えようとする試みに反対する」と述べ、中国を強くけん制した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信