外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】サッカーの中国スーパーリーグ、杭州緑城が今週末、日本代表前監督の岡田武史氏(55)を杭州に招き、来季の監督就任で協議すると30日付の中国紙、京華時報が報じた。杭州緑城は財政難で欧州や南米から人材を連れて来る力がなく、日本や韓国から探すうちに、岡田氏が最有力候補として浮上したという。ただ、同紙は約1億900万円とされる岡田氏の年俸を杭州緑城が出せるかどうか疑問視している。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信