外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【バンコク共同】昨年11月にタイで行われたサッカーの試合で主審を務めた日本の吉田寿光氏が、八百長に誘われたことをアジア・サッカー連盟(AFC)に報告していたことが19日、明らかになった。タイのサッカー協会が調査を始めたと複数の地元紙が伝えた。ロイター通信によると問題の一戦はタイ協会カップの決勝のブリラムがアーミー・ユナイテッドを2―1で下した試合。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信