外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 サッカーの皇后杯全日本女子選手権最終日は24日、さいたま市のNACK5スタジアム大宮で決勝を行い、INAC神戸が千葉を1―0で下し、3大会連続3度目の優勝でプレナスなでしこリーグとの2冠を達成した。千葉は初優勝を逃した。ロンドン五輪銀メダルの日本女子代表「なでしこジャパン」の澤や川澄らを擁するINAC神戸は千葉に食い下がられたが、0―0の後半ロスタイムに田中明がゴール前でこぼれ球を蹴り込んだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信