外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 サッカーのワールドカップ(W杯)アジア3次予選C組第3戦のタジキスタン戦(11日・長居陸上競技場)を控える日本代表は7日、神戸市のホームズスタジアム神戸でベトナム代表と国際親善試合のキリン・チャレンジカップで対戦し、1―0で辛勝した。日本は右肩脱臼が回復して6月以来の代表復帰となった長友(インテル・ミラノ)が先発出場。前半24分に李(広島)が決勝点を決めた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信