外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューデリー共同】今年のノーベル平和賞を受賞したインドの人権活動家カイラシュ・サトヤルティさんが14日、ニューデリーで帰国後の記者会見を開き「受賞で自らに大きな道義的責任が課された」と述べ、児童労働の根絶に向けた活動に引き続き取り組む決意を示した。

共同通信