外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 北太平洋の公海の漁業資源管理を話し合う北太平洋漁業委員会(NPFC)は26日、中国漁船によるマサバの漁獲量急増を受け、資源量を国際的に算定するまで各国が漁船の許可数を「増加させないことを推奨する」とし抑制に努力することで合意した。違法操業を行っている漁船の一覧を作り、入港を禁止するなどの対策を講じることでも一致した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信