外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】韓国のソウル中央地裁は18日午前、朴槿恵大統領の疑惑を調べる特別検察官が贈賄などの疑いで逮捕状を請求したサムスン電子の李在鎔副会長(48)を出頭させ、令状発付の是非について審査を始めた。特別検察官は朴氏の収賄容疑立件を目指しており、地裁の判断は朴氏の弾劾訴追を巡る憲法裁判所の審判にも影響しそうだ。

共同通信