ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

サムスントップに懲役12年求刑

 【ソウル共同】韓国の前大統領、朴槿恵被告への贈賄罪に問われたサムスングループ経営トップのサムスン電子副会長、李在鎔被告の公判が7日、ソウル中央地裁で開かれ、検察側は懲役12年を求刑した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。