外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】韓国のソウル中央地裁は19日、朴槿恵大統領の疑惑を調べる特別検察官が贈賄容疑などで請求したサムスン電子の李在鎔副会長(48)の逮捕状発付を認めず、請求を棄却した。地裁はサムスン側が朴氏の親友、崔順実被告側に拠出した資金の賄賂性立証が不十分だと指摘した。韓国経済に与える影響も考慮したとみられる。

共同通信