ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

サムソンが103億円出資

 経営再建中のシャープは6日、韓国のサムスン電子グループと資本・業務提携したと正式発表した。28日までにサムスンの日本法人を引受先として約103億円の第三者割当増資を実施。サムスンへの液晶パネルの供給を拡大する。テレビや薄型パネルなどで最大のライバル関係にある日韓の大手メーカーが本体で資本提携するのは初めて。サムスンの出資比率は議決権ベースで3・08%となる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。