外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本も漁獲している「ヨゴレ」というサメなど3種のサメの個体数が近年、減少傾向にあり、絶滅の恐れがある野生生物の国際取引を規制するワシントン条約で規制対象とする基準を満たしているとの報告書を国連食糧農業機関(FAO)の専門委員会が9日までにまとめた。米国や欧州連合(EU)などが「フカヒレ目当ての乱獲が原因で個体数が減少している」として規制対象とするよう提案したことを受けて、妥当性を検討していた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信