外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【パリ共同】4月のフランス大統領選で再選を目指すサルコジ大統領が、同性婚や安楽死への反対姿勢などを明言し、政策の「右旋回」を鮮明にした。11日発売の週刊誌フィガロ・マガジンのインタビューで明らかにした。サルコジ氏は、最大のライバルである社会党候補のオランド前第1書記に支持率で差をつけられ苦戦している。右旋回はオランド氏への対抗措置とみられる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信