外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 世界自然保護基金(WWF)は13日までに、東南アジアの「コーラル・トライアングル(サンゴ三角地帯)」と呼ばれる、世界でも有数の生物多様性が豊かな海域で、海水温の上昇によるサンゴの死滅につながる変色や白化が急速に広がっているとする報告書をまとめた。WWF関係者は「同様に海水温が上昇し世界のサンゴ礁の16%が破壊された97、98年以来の危機かもしれない」と指摘した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信