外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 自民党は13日の臨時総務会で、中国船によるサンゴ密漁問題を受け、外国人による領海や排他的経済水域(EEZ)での違法操業に関する罰金を最高3千万円へ大幅に引き上げる外国人漁業規制法と漁業主権法の改正案を了承した。公明党も了承し、両党は近く衆院に提出する。民主党も賛成する方向で、今国会で成立する公算だ。

共同通信