外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 地球温暖化の影響で世界のサンゴ礁の喪失が加速しており、保全には大気中の二酸化炭素(CO2)濃度を現在より低くする必要があるとの報告を、ドイツ政府などの主導でつくられた国際研究グループが7日までにまとめた。報告書は、サンゴ礁がもたらす経済的恩恵が最大で年1720億ドル(約15兆5500億円)に上るとの試算を紹介。温暖化で被害が拡大すれば、経済的損失も巨大になると警告した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信