外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 8カ国・地域が参加し札幌市で開かれていた北太平洋漁業委員会(NPFC)の会合が15日、閉幕した。日本が提案したサンマの国・地域別漁獲枠の新設には中国、韓国、ロシアが反対して合意できず、深刻な溝が鮮明になった。日本は来年の会合で再び協議する意向だが実現は不透明だ。1年間に限り、中国などの遠洋漁業国が自国の漁船許可数の増加を禁止することでは一致した。

共同通信