外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 9月30日午後5時55分ごろ、山口県萩市椿東の市道で、大型ワンボックスカーのサンルーフから顔を出していた女児(6)がJR山陰線の高架橋にぶつかり、搬送先の病院で死亡した。萩署によると、死因は脳挫傷。母親(36)の運転で保育園から帰宅途中だった。高架橋には「高さ制限1・8メートル」と注意喚起する看板が掛かっていた。

共同通信