ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

サーブル団体で銅、アジア大会

 広州アジア大会第11日の22日、フェンシングの男子サーブル団体は準決勝で日本が中国に敗れ、銅メダルだった。レスリングの男子グレコローマンスタイル74キロ級は鶴巻宰(自衛隊)が決勝進出を決め、銀メダル以上を確定させた。96キロ級の北村克哉(ドン・キホーテ)は2回戦で敗れた。陸上の男子1500mで村上康則(富士通)が決勝に進出。アーチェリーの男子団体は準々決勝で日本敗退。(共同)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。