外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 サッカーの日本代表は8日、さいたま市の埼玉スタジアムで国際親善試合のアルゼンチン戦に臨み、アルベルト・ザッケローニ監督が初采配(さいはい)を振った日本は1―0で南米の強豪を撃破した。日本がアルゼンチンに勝ったのは7戦目で初めて。日本は前半19分、長谷部誠(ウォルフスブルク)のミドルシュートをGKがはじき、こぼれ球を岡崎慎司(清水)が押し込んだ。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信