外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【プノンペン共同】昨年10月に89歳で死去したカンボジアのシアヌーク前国王の火葬式典が4日、首都プノンペンの王宮北側に設けられた特別の火葬場で営まれ、国民の敬愛を集めた「独立の父」は荼毘に付された。式典には前国王と面識のあった秋篠宮さまも参列。一連の葬儀式典は1日から始まり、前国王のひつぎは1日に王宮から送り出され、市内を巡った後に火葬場に移されていた。遺骨は7日に王宮内の仏塔に納められる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信