外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【アブジャ共同】エボラ出血熱の流行が続く西アフリカ・シエラレオネで、政府が感染対策として27日から3日間、全土で実施している外出禁止令に対し、首都フリータウンの一部の住民が28日、食料不足を訴えて暴徒化し、警察が鎮圧のために催涙弾を発射する事態となった。ロイター通信が伝えた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信