外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【モスクワ共同】第2次大戦後、多くの日本兵らが旧ソ連で強制労働に従事した「シベリア抑留」をめぐり、死亡者の氏名や出身地などを含む旧ソ連政府作成の未公開資料をロシアが保管していることが分かった。日本の資料だけでは不完全だった死亡者や消息不明者の情報があり、身元特定や詳細判明への期待が出ている。日本政府は4月から調査に着手する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信