外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【パリ共同】世界で最も美しい大通りとされるパリのシャンゼリゼ通りで23日、年末年始恒例のイルミネーションが始まった。今年はエコロジーを意識し、昨シーズンより消費電力を約4割削減した節電型となった。約2キロの同通りにある計200本の街路樹の幹を囲むように、赤緑青の発光ダイオード(LED)を取り付けた3層の輪が据えられ、樹木の中央に多数つり下げられた鏡の薄板が光を乱反射する仕組み。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信