外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 経営再建中のシャープが住宅設備大手リクシル・グループと資本提携し、最大100億円の第三者割当増資を実施する検討に入ったことが18日、明らかになった。9月末までに総額900億円程度を公募増資する方向で調整していることも判明。合計1千億円規模の資本増強で、巨額赤字で傷ついた財務基盤を強化し、経営再建に弾みを付ける。リクシル以外の企業とも資本提携交渉を進めており、最終的に1千億円を超える可能性もある。

共同通信