外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 経営再建中のシャープに対し、主力取引銀行のみずほコーポレート銀行と三菱東京UFJ銀行が、計1千億円の追加融資枠を設定する検討に入ったことが2日、明らかになった。9月に期限を迎える約2千億円の転換社債の償還に充てる。償還資金の一部は公募増資や液晶パネルの販売増などで確保する方向。主力2行は資金繰りの不安を完全に拭い去るため、経営支援を続ける構えを明確にする。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信