外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 経営再建中のシャープは25日、大阪市内で株主総会を開いた。主力の液晶テレビ・パネル事業の不振が響き、2013年3月期連結決算で2年連続の巨額赤字を計上。奥田隆司社長(59)は冒頭で「(13年3月期の)純損益は5453億円の赤字という厳しい業績となり、誠に申し訳ない」と述べ、役員全員で頭を下げて謝罪した。株主からは「シャープはほとんど倒産企業だ」「役員報酬は全額返納してほしい」などと厳しい声が相次いだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信