外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 9日の東京株式市場でシャープ株が売り注文を集め、終値が前週末比26円安の151円と、1971年11月以来の低水準となった。一時は、8月15日につけた年初来安値(164円)を更新する27円安の150円まで値を下げた。ゴールドマン・サックス証券が6日、投資判断を引き下げ、日本格付研究所(JCR)も4日、長期発行体格付けを2段階引き下げており、シャープの業績回復に対する市場関係者の視線は厳しくなっている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信