外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 経営再建中のシャープが、2013年3月期連結決算の業績予想を大幅下方修正し、これまでの2500億円の純損失から過去最大となる4500億円の純損失とすることが1日分かった。主力の液晶テレビ事業が不振で多額の損失計上を迫られた。2年連続の巨額赤字で、赤字額は最大だった12年3月期の3760億円を大きく上回る。前日のパナソニックの下方修正に続き、シャープの巨額赤字で国内電機業界の苦境が鮮明になった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信