ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

シャープ、最大50億の営業黒字

 経営再建中のシャープの12年10~12月期の連結決算で営業損益が40億~50億円の黒字見通しとなったことが25日、分かった。新型液晶の好調や円安が業績改善に寄与した。四半期ごとの営業損益が黒字となるのは11年7~9月期以来、5四半期ぶり。13年3月期下半期(12年10月~13年3月)は200億円程度の営業黒字も見込まれ、主力取引銀行から金融支援を受けられなくなる事態は回避されそうだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。