外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 経営再建中のシャープは2日、台湾の鴻海精密工業の傘下に入る契約を結んだ。3888億円の出資を受け、日本の電機大手で初となる外資の下での復活を目指す。両社が共同運営する堺市の工場で開いた記者会見で、鴻海の郭台銘会長は「シャープ製品を買ってもらえれば、短い期間で黒字化できる」と強調した。最短2年程度でシャープを黒字にする方針だ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信