外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 経営再建中のシャープは2014年3月期連結決算で、純損益が数十億円の黒字見通しであることが20日、分かった。有力企業との提携や円安を背景に、主力の液晶パネルの販売が増加するため。人員削減などリストラ効果も業績改善に寄与する。主力取引銀行のみずほコーポレート銀行と三菱東京UFJ銀行は、14年3月期の純損益の黒字化を支援継続の条件としている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信