外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 経営再建中のシャープの2013年3月期の連結純損失が、従来予想の4500億円から拡大する見通しとなったことが30日分かった。関係者によると、過去最大を更新して5千億円規模になる可能性がある。工場の価値低下や、訴訟の和解金の引き当てが響く。損失の拡大により、12年12月末時点で9・6%と大幅に落ち込んだ自己資本比率がいっそう低下する恐れもある。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信