ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

シャープ、赤字4千億規模も

 経営不振に陥っているシャープの今年4~9月期の連結純損益は、従来見通し(2100億円赤字)から4千億円規模の赤字に大幅下方修正される可能性があることが25日分かった。税金が将来還付されると見込んで計上した「繰り延べ税金資産」を1千億円規模で取り崩す上、液晶パネルなどの在庫の評価損も計上するためだ。11月1日に中間決算を発表する予定で、詰めを急いでいるが、今後の調整により数字が変動する可能性もある。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。