外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 経営再建中のシャープが、3月26日に期限を迎える台湾・鴻海精密工業との出資交渉をいったん打ち切る方針を固めたことが22日、分かった。鴻海は出資に関する台湾当局との手続きが長引いており、出資が早期に実現する可能性は低いと判断した。資本提携を打診している他の有力企業との協議を優先する。大型液晶製造の堺工場(堺市)の共同運営など鴻海との業務提携は維持する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信