外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】1991年の湾岸戦争で「砂漠の嵐」作戦を指揮し多国籍軍を勝利に導いたノーマン・シュワルツコフ米退役将軍が27日、肺炎の合併症のためフロリダ州タンパで死去した。78歳だった。AP通信が伝えた。1934年ニュージャージー州生まれ。ベトナム戦争に従軍し、米陸軍副参謀総長などを経て中央軍司令官となった。湾岸戦争では、統合参謀本部議長だったパウエル元米国務長官の下で、多国籍軍を事実上指揮。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信