外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 京浜東北線で4日夜に起きた架線切断のトラブルで、電車のパンタグラフと架線との間でショートが起き、熱で架線が切れた可能性があることが5日、JR東日本への取材で分かった。切れたのは、架線のつなぎ目部分にある「エアーセクション」と呼ばれる部分で、同社が当時の詳しい状況を調べている。

共同通信