外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【パリ共同】フランスのシラク前大統領がパリ市長時代に関わったとされる職員の架空雇用事件で、パリの軽罪裁判所は15日、シラク被告に執行猶予付きで禁錮2年の有罪判決を言い渡した。フランス第5共和制下で大統領経験者が有罪判決を受けたのは初めて。パリ市長を務めたシラク氏は90年代初頭、自らが党首を務めていた保守政党、共和国連合の職員名義で市当局に「給与」を支払わせ、党資金に流用したとして起訴された。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信