世界の出来事

 【ブリュッセル共同】化学兵器禁止機関(OPCW、本部オランダ・ハーグ)のウズンジュ事務局長は28日、内戦が続くシリアで昨年後半以来、化学兵器が計45回使われたとの報告を受けていると記者団に明らかにした。欧州メディアが伝えた。

共同通信

 世界の出来事