外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ共同】シリアのアサド政権の軍部隊は21日未明、首都ダマスカス近郊グータなど数カ所の反体制派支配地区をロケット弾などで攻撃した。反体制派の統一組織「シリア国民連合」は緊急記者会見で、化学兵器が使用され1300人以上が死亡したと主張。シリア軍は国営テレビで、化学兵器の使用を「全くのうそ」と全面的に否定する声明を発表した。CNNテレビによると、米政府高官は化学兵器使用について「確認していない」と述べた。

共同通信