ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

シリアで連続爆発、44人死亡

 【カイロ共同】シリアの首都ダマスカス近郊ジャラマナの中心街で28日朝、2台の自動車に積まれた爆弾が相次いで爆発し、国営シリア・アラブ通信によると住民ら44人が死亡、数十人が重軽傷を負った。ジャラマナの住民は、いずれもアサド政権支持者が多い少数派のキリスト教徒とイスラム教ドルーズ派が主体。中東の衛星テレビ、アルジャジーラによると、政権側はスンニ派主導の反体制武装勢力の「テロ」と非難している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。