外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【エルサレム共同】イスラエルが占領しているゴラン高原に11日、シリア側から迫撃弾1発が着弾し、イスラエル軍は同日、シリア側に向け「警告」のため砲撃した。イスラエル軍が明らかにした。イスラエル軍がシリア側に砲撃するのは、1974年の第4次中東戦争終結以来、初めてとみられる。イスラエル軍は11日のシリア側からの迫撃弾について、シリア内戦に絡む流れ弾との見方を示している。死傷者はなかった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信