外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ共同】内戦が続くシリアで26日朝(日本時間同日昼)、イスラム教の祝祭「犠牲祭」に合わせた4日間の一時停戦が発効したが、シリア人権監視団(英国)の代表は、北西部でアサド政権側部隊と反体制派の激しい戦闘が起き、停戦は発効から数時間で「破られた」と主張した。フランス公共ラジオが報じた。一時停戦は、国連とアラブ連盟合同のシリア特別代表ブラヒミ氏が提案し、アサド政権と反体制派双方が合意。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信