外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ブリュッセル共同】シリア政府が化学兵器の廃棄計画をめぐり、猛毒のサリン、VXなど計約1300トンの化学兵器を保有していると申告していたことが29日、化学兵器禁止機関(OPCW、本部オランダ・ハーグ)が作成した報告書で分かった。

共同通信