外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ダマスカス共同】シリアの化学兵器全廃計画を担う化学兵器禁止機関(OPCW)と国連は6日、化学兵器類の破壊作業に着手したと正式に発表した。両組織の合同チームの監督の下、火炎を使った切断機や回転刃の機器を用いて破壊や無能力化を進める。作業はシリア政府からの要員も加わり、数日間続けるという。作業が行われたのは首都ダマスカス近郊の化学兵器関連施設。

共同通信